不動産担保ローンとは?

OFF

不動産担保ローンというのは、その名前からもわかるように、不動産を担保にしてローン会社からお金を借りる事です。

不動産担保ローンとなっているため、不動産に使う費用を借りるイメージもありますが、使用目的は自由となっています。

個人が利用できるカードローンやクレジットのキャッシングなどは、カード会社からお金を借りて月々返済していくスタイルですが、この場合は利用可能額も少額ですし、担保も保証人も不要です。

その代わり若干金利が高めに設定されています。

不動産担保ローンは不動産を担保にしてお金を借りるので、数千万円というまとまった金額を借りる事もできます。

一般的なカードローンに比べると担保がある分、金利はかなり安く設定されています。

一般的なカードローンで借りたお金も原則、使用目的は自由ですが、事業性資金には使えません。

この場合は事業用ローンを利用しますが、不動産担保ローンは資金使途は自由です。

◎関連ページ・・・>笑顔で応援ABCサニー

金利キャンペーンなどもありますが、借りる金額が大きい分返済額も大きくなります。

順調に返済していれば問題ありませんが、万一返済できなくなってしまえば、担保にした不動産は可ローン会社に受け渡し売却されてしまいます。

一見便利な金利ローンですが、返済できなくなった場合の不動産売却という大きなリスクが伴う事は把握しておかなくてはいけません。

担保となる不動産もそれなりの価値がないと、審査に通らない可能性もあります。

ビジネスローンにもいくつかの種類はありますので、自分に合ったローンを選びましょう。