オーガニックコスメ=「敏感肌にやさしい化粧品」ではない!

オーガニックコスメ=「敏感肌にやさしい化粧品」ではない!敏感肌化粧品美肌DV869

オーガニックというと、からだや環境に優しいというイメージを抱く人が多いと思います。
有機栽培のことをオーガニックといい、化学合成農薬や化学肥料を使わず、有機肥料を用いて栽培されたものをいいます。
つまり、オーガニックは無農薬ではありません。
今、オーガニックコスメがたくさん販売されています。
つい、その言葉にひかれ、安心して購入したくなるところですが、注意が必要です。
日本におけるオーガニックコスメには、明確な定義がなく、販売している会社で自由に名乗ることができてしまいます。
さまざまな成分のうち、オーガニック成分がひとつでも入っていれば、オーガニックコスメであると謳うことができてしまうのです。
そのため、敏感肌の人は、特に注意が必要です。
オーガニックと聞くと、肌にもやさしく、敏感肌の人でも使えるのではないかとい思いがちですが、それは間違いです。
食べる植物と、化粧品に使うことができる植物は同じではありません。
化粧品に配合されている植物でアレルギーを起こし、食べたときにショック症状になった人もいます。
オーガニックコスメには、植物がたくさん使われていることが多いので、その分リスクは増えてしまいます。
合成界面活性剤などの添加物が入っている場合もあるので、その点においても注意が必要です。
もちろん、中には素晴らしい化粧品もありますが、購入する前に成分をよく見て、確認しましょう。
オーガニックだからといって、すべてがからだや敏感肌にやさしいという訳ではないのです。