敏感肌は界面活性剤が配合されている化粧品を使うと肌荒れするの?

敏感肌は界面活性剤が配合されている化粧品を使うと肌荒れするの?敏感肌化粧品美肌DV869

界面活性剤は油と水の両方の性質を持つのが特徴です。
人間の体内や植物の中にも存在しているので悪い物質ではありません。
界面活性剤は洗浄・起泡・乳化・保湿などの多くの機能があります。
もう一つ重要なのが油分と水分を混ぜ、その状態を長時間維持させる機能。
油と水を混ぜてくる化粧品には欠かせない機能なのです。
優れた機能を持つためあらゆる分野で活躍しています。
界面活性剤は自然界に存在するものもありますし、人工的に合成されたものもあります。
気をつけなければならないのは種類です。
特に石油系の界面活性剤は肌のバリア機能を弱めたり、タンパク質を変質させる機能性があると言われているので注意が必要。
敏感肌の方は肌荒れの原因にもつながることがあります。
さらに厄介なところは河川に流れてヘドロの原因になったり、魚のエラにつまったり、環境汚染の一因にもなっていると言われているのです。
石油系の界面活性剤は洗浄力が高く、肌の皮質を過剰に摂り過ぎてしまうことがあります。
刺激が強すぎるため敏感肌を悪化させるだけではなく、健康な肌を敏感に傾けてしまう可能性もあります。
界面活性剤は化粧品の多くに使われている成分です。
敏感肌の方は肌のバリア機能を守るため、刺激の少ないものを選ぶことをおすすめします。
石油系の界面活性剤を使用しているものを避け、天然系や植物系のものを使ったものにすれば肌トラブルを遠ざけることができます。

また、敏感肌専用化粧品や無添加化粧品を使用する際もパッチテストを行ってトラブルが起きないことを確認してから使うようにしましょう。